白い恋人

文殊山 365m   福井市   3月14日
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 楽しみは 素敵なあなたに逢うために 心弾ませ山登る時
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     好きなんです 
    あなたを思うと胸が熱くなります 心がときめきます
    白く端整で凜とした美しさに惹かれています
    風の便りにあなたが姿を見せたと聞きました
    無性に逢いたくなりました
    今からあなたに逢いに行きます

◯ 人目を忍んで半田コース

 恋人とデートするには静かな方がいい。半田コースは登山者が少ないだろう。二上駐車場に車があるが誰にも会っていない。熊出没注意の看板のある分岐を右にはいる。案の定、本コースと合流するまで人と出会うことはなかった。
 初めて登ったコースであるが、あおきが多いことに気付いた。赤い実をつけながら新芽を吹き出している。カタクリの群生している場所もあり、オウレンやショウジョウバカマも咲いていた。

1158.jpg
                     アオキは花と赤い実が共生
1206アオキ 1207_201603162152416e7.jpg
             カタクリ                      ショウジョウバカマ
1215カタクリ 1205ショウジョウバカマ

◯ 隠密裏にHコースから大文殊
 Hコースは近道でやや急登であるためか人通りはほとんどありません。その代わり落ち葉が残る荒れていない登山道となっています。15分弱で小文殊のすぐ下に合流します。この作戦?が成功したのか大文殊まで誰にも会わず、カタクリの群生地を観察しながら登ることができました。
1306カチクリ遊んでいる看板 1310 ささやいてます
 群生地には、ロープが張られ、ちょっと目を引く看板が立てられています。カタクリはようやく目覚めたばかりです。遊んだりささやくのは1週間か10日ばかり早いようです。

◯ 合格祈願の旗がひらめき「サクラ咲く」大文殊

 大文殊にも人の姿はありません。入試合格祈願の旗がひらめき、願いが叶ったように河津桜が花開いています。
1314入試合格祈願
                サクラ咲く・・・・の電報が届いたでしょうか
1314 サクラ咲く

◯ 彼女はもてます。2人だけの逢瀬は実現できず

 冷たい風を避け避難小屋で腹ごしらえをし準備万端、いよいよ彼女に会いに出かけます。 椿姫やスミレちゃんに声をかけながら進むとようやく巡り合うことができました。話しかけこれから甘いデートをと思ったのも束の間、私と同年配の男性が1人、うら若き女性が1人がカメラを持ってやってきました。女性は石川県から彼女に会いにやってきたそうです。
彼女は人気があるのですね!一人占めしようとした私が欲張りでした。一緒に楽しまなければいけません。
 
                       紫のスミレちゃん
1404スミレ
                       椿姫も目立ってました
1340ツバキ

◯ 彼女の名前は ヒロハノアマナ

 ヒロハノアマナ(広葉の甘菜)はユリ科アマナ属の多年草。日本固有種で、本州の関東地方から近畿地方、四国に分布していますが絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されています。 均整の取れた6個の白い花びらを持つ清楚な感じが何とも言えず素敵です。
1444ヒロハノアマナ1451_201603170011143b6.jpg" 1422ヒロハノアマナ
 完全に開ききっていないからだろうか、時期が少し早いのだろうか。あるいは暖冬で雪が少なかったからだろうか。今年の彼女は凜としたところが少なく、少々元気がないように感じられる。昨年、一昨年のような姿を拝見しに又様子を見に行こう。

                        昨年3月22日のヒロハノアマナ
ヒロハノアマナ (2)


 目的の彼女に会えた。彼女の仲間達が暮らす花のパラダイスものぞくことができた。少々寒かったが足羽山さんやkozakuraさんとも知り合えた。満足の山行きでした。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ツギロウさん 今晩は!

老いらくの恋だけに難しいかも?
今日も行ってきましたが、何人もの恋敵が!
若狭ツーデーマーチに挑戦する若さが欲しいです!

しかし皆さん、大事に見守っていましたから
来年も再来年もずーと待っていてくれるでしょう。





No title

FKI-徳さん こんにちは。

恋愛の登山道はいつも険しく、そして遥か遠いものなんですね〜(笑)
今回は甘菜さんのご機嫌が今一つのようでしたが、FKI-徳さんの真心、
必ずや届くものと確信いたしております!
プロフィール

FKI-徳

Author:FKI-徳
健康第一!水泳や筋トレに精を出してます。古稀を過ぎてから山登りに挑戦、里山を中心に楽しんでいます。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QR