釈放ですが無期限の保護観察付です

狭心症治療日記

楽しみは 里山登りを目標に 日々運動に精を出す時

スピードオーバーでもないのに胸を締め付けられるような圧迫感を感じ冷や汗が出ました。一休みし深呼吸をすると収まるのですが、すぐにぶり返します。今思えば心臓への血流が悪く悲鳴を上げていた狭心症の症状だったのです。

       最初の内は、スピードオーバーと勘違いしてました
中高年登山_0003
○ サッチーさんとの出会いは不成立? 
 
元プロ野球野村監督の妻サッチーさんが85歳で死亡した。
死因は「虚血性心不全」です。心臓の筋肉(心筋)への血流が悪くなることにより起こる心臓病の総称で、狭心症・心筋梗塞・不整脈等が主たるもの。
私も狭心症、一歩間違えばあの世とやらで、サッチーさんと逢っていたかも知れないのですが実現しませんでした。


○ 釈放ですが無期限の保護観察付(条件)

狭くなっていた冠動脈血管3カ所に次のようにステント(筒状の金網)を入れて広げ血流がスムーズになりました。悪玉コレステロールも基準値以下に大幅減少です

ステント治療

無罪放免(退院)ですが、保護観察付ですから今後は真面目に生活をしなければなりません。クスリ・食事・運動という条件を守らなければ再び収監(入院)されてしまう恐れがあるからです。

○ 条件(血管が細くなる動脈硬化の原因、脂質異常の予防)  
          
脂質異常症

○ 私の課題

タバコは吸わない。飲酒も止めた。なのに何故、動脈硬化になったのか。心当たりの有る原因をあげると次の通りです。その解消が今後の課題となります。 

1 間食・夜食をしない

   菓子パン・ケーキ・せんべい・・・・毎日のように口に入れていた。
  カロリー、糖分の取り過ぎ
  週4日、3時間近く運動をしているのだからの言い訳は通らないと思うべし


2 塩分を控える 

  漬物・梅干し・佃煮大好き。
  おかず・汁物・麺汁~濃いめの味付け
  高血圧の元となる。家内の協力のもと薄味に親しむ
 


3 山めし・行動食を考える  

 チョコレート・飴・大福餅・あんパン・即席ラーメン・果物・ようかん等
 山での必需品だが完食が多すぎた
 山で食べると何でも美味しい。
下山して体重が増えていることが無いように注意


4 スポーツドリンクを考える
 
 ジムや登山での水分補給に飲むアクエリアスやポカリスエット
 そのままでは塩分が多すぎ、高齢者は半分以下に薄めるべし


○ 運動もストレッチを十分に

継続的な運動が血流を良くし、動脈硬化を予防する。
運動療法は、これまで10年間続けてきたので大丈夫だろう。
山登り・運動の前後に5~10分のストレッチをする。運動効果が上がる。
疲労を取ってくれる終了時のストレッチの実施に努める。


○ 早朝散歩も一工夫

寒冷期は血圧が上昇する。気温が下がる早朝散歩は要注意。
早朝に出かける場合は、十分にウオーミングアップする。
暖かい服装で出かけ、暑くなってきたら脱げば良い。


○ 当分は里山登りを目標にトレーニング

リハビリと言っても手足に障害があるわけではない。
血流を良くし動脈硬化を防ぐ継続的運動がリハビリとなる。
当面は通い慣れたる健康の森スポーツセンターでトレーニングです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FKI-徳

Author:FKI-徳
健康第一!水泳や筋トレに精を出してます。古稀を過ぎてから山登りに挑戦、里山を中心に楽しんでいます。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QR