雲谷山.・福井で9秒台の日本新・足立美術館

雲谷山 786.6m 若狭町三方 9月9日 晴一時曇

楽しみは 雲谷山の展望台 美し五湖の景色見る時
1608_201709102122081fd.jpg
午後4時ごろ撮影で色彩は今一だが三方五湖全てが見える。
こんな素晴らしいビューーポイントがあるとは知らなかった。
第一展望台から石観音登山口までは「芝生の登山道」だ。
芝生の残っているところは実に歩きやすい。
芝生が整備されれば素晴らしいハイキングコースとなると思われる。
新幹線が走るころ、三方五湖とともに石観音及び雲谷山も大いに
賑わうのではないでしょうか?


 楽しみは 藪漕ぎあれど声かけて 木の枝揺すり登りゆく時

 三方小学校の裏から上り、途中で石観音コースに合流する。
深くえぐられた登山道は昔頻繁に往来があったことを思わせる。
所々に倒木が道を塞ぐが1時間ぐらい気持ちよく登っていく。

936_20170911070119b2a.jpg

山肌が広くハゲた場所(みのはげと言う場所?)を過ぎるとリーダーがスプレイのようなものを取り出した。


スキンベーブミスト 

      skinvape200.jpg

マダニほか蚊やアブ・ブヨ等の虫除けである。最近、マダニによる死亡事故などのニュースが報じられている。参加者全員(男9、女4)が恩恵にあずかる。

間もなく藪漕ぎが始まり、藪をこぐこと約1時間で石観音コースに合流する。
低木をかき分け時には茨に引っかかれながらも声を掛け合い、木の枝を揺すり見失わないように登っていく。


1215_2017091723232934e.jpg

ウスヤブはそうでもないが写真のような藪になるとお互いの位置が見えなくなる場合がある。声を掛け合い、時には木を揺すって位置を知らせ確認する必要が生じる。
事故や道迷いを防ぐためにも必要な藪漕ぎの常識だ。

藪漕ぎが終わり登山道に到着するとヤレヤレ一安心でホッとする。誰一人マダニの被害に遭うこともなく雲谷山の頂上に到着。登山ではなく素朴な山登りの味わいを語り合いながらのランチタイムはひと味違った楽しみで親睦も深まったような感じがする。
帰りは石観音コースで三方五湖の展望や芝生の登山道に驚きながらの下山でした。



楽しみは 日本人初の9秒台 ふるさと福井で快挙ある時

休憩時間も入れて約8時間の山旅の疲れを「きららの湯」でさっぱりと落とし帰途につく。午後8時半過ぎに帰宅すると嬉しいニュースが流れていました。

福井市の運動公園グランドで行われた日本学生対校選手権の陸上男子100メートル決勝。桐生祥秀(よしひで)選手(21、東洋大4年)が日本人初となる9秒台を公式に記録したのです。


桐生祥秀日本新
おめでとう桐生選手!福井でやってくれました。心から拍手喝采です。


楽しみは 名画に名園直に触れ 心音高まる感動の時 

9月11日~13日 島根県の足立美術館に行ってきました。
期待通りの美しさ、見事さでした。


904 (2)

アメリカの日本庭園専門誌が選んだ「2016年日本庭園ランキング」で「14年連続日本一」の庭園です。福井市にある養浩館も毎年3~5位にランクされています。その上を行く足立美術館の庭園、枯山水に丸みを帯びたツツジや松、配置された岩も自然の山の借景も素晴らしい。

F1000008.jpg

開催されていた秋の特別展「文化勲章受章の作家たち」
見事な作品で感銘を受けました。

横山大観 「紅葉」「海潮四題・秋」「乾坤輝く」  竹内栖鳳「雨霽」
川合玉堂 「夕月夜」 上村松園 「待月」   松林桂月 「山泉」 
鏑木清方「紅」  小林古径「楊貴妃」 安田靫彦  「王昭君」 
前田青邨「山路之秋」  川端龍子「愛染」  松尾敏男「彩雨」


横山大観の紅葉の屏風絵はとても素晴らしく見応えがありました。

紅葉*横山大観1-horz
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FKI-徳

Author:FKI-徳
健康第一!水泳や筋トレに精を出してます。古稀を過ぎてから山登りに挑戦、里山を中心に楽しんでいます。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QR