苅込池~紅葉を楽しむ

苅込池 1100m 周囲約400m  大野市上打波  10月31日 薄曇り 

   楽しみは 水面に映る三ノ峰
            紅葉織りなす景色ある時


750_20161031194753aff.jpg
波一つない苅込池、映り込む紅葉と三ノ峰、素晴らしい景観でした

◯ 天空の城「大野城」と「荒島岳」

  朝5時45分、大野市内に入る。前方に見えて来たのは雲に浮かぶ大野城その奧には荒島岳の雄姿。天空の城が見えるか?と近づくと期待薄のようです。予定どおり苅込池に向かうこととしました。
544.jpg


◯ さすが苅込池!人気抜群

 午前6時40分、上小池駐車場に到着。既に先着車両12台があった。下山した9時10分頃には上下の駐車場は満杯。路肩にも数台の車両が駐車していた。更に50台ぐらいの車両が登ってくるのとすれ違う。100台以上になることは間違いない。人ごとながら止める場所があるのかと心配になりました。

644.jpg 300下山
香川、大阪、神戸、名古屋、滋賀、石川、富山ナンバーの車もありました

◯ 売店は良心的?

 駐車場の奥にタライに水を流し冷やしたジュースおよび籠に入れて銀杏が売っている。ジュース類は1本100円、銀杏は1袋200円と値段が書いてある。観光地は若干高めの料金だがここは普段のプライスで良心的だ。買おうとしたら営業前で商品は空っぽでした。

645.jpg

◯ 大栗の木

駐車場から登山道に入ると暫くはぬかるんだ泥道なので注意を要する。5分ほどで栗の大木がある。
                      650 (2)



◯ 岩場コースと石段コース

 大栗の木から更に5分で苅込池石段コースの分岐に達する。健脚の方は階段コース、自信のない方は岩場コースとある。健脚とは言えない私、素直に岩場コースを選び、下山は石段コースを周回することとした。

655.jpg

石段コースは約50分、岩場コースは60分とある

656.jpg

◯ 紅葉・三ノ峰を見ながら岩場コース登山口へ

700.jpg
705.jpg

 途中にある三ノ峰への登山口を通り越し更に進み7時22分岩場コース登山口である吊り橋に到着した。駐車場から37分を要している。

722吊り橋

橋には「苅込池まで20分」と大きく書かれており、橋を渡った所には「苅込池まで0.5km」の標柱がある。ここから写真の通り岩場が始まる。

726池まで05キロ

岩場も100m弱。あとは気持ちの良いブナ林を進む。


736.jpg

あざやかな紅葉も目を楽しませてくれる

739.jpg

◯ 紅葉・三ノ峰を写しこむ苅込池 

7時40分、池の対岸に赤や黄色を装った木々が見えてきた。苅込池に到着だ。

743 (2)

鏡のような水面には、紅葉する木々を従えるように三ノ峰が映り込んでいる。

751.jpg


750 (3)

それだけでも十分なのだが先着の7~8人は、三脚でカメラを固定しシャッターチャンスを待っていた。青空を待っているのだ。空の青さと水面に映る空の青が紅葉を更に引き立てるのだという。

754 (2)

カップヌードル・コーヒーなどで朝食を取りながら青空を待つも好転する気配もないので下山することにした。686段あるという石段コースだが30名位の男女が登ってくるのとすれ違った。中には厳しい、辛いと声を上げている人がいましたが、その勇気に恐れ入りましたとエールを送りました。

◯ 紅葉以外にも楽しみが・・・・

岩場コースから石段コース右回り周回。上り55分下り46分(休憩除く)の所要時間でしたが、このコースは自然を研究する路として14ヶ所に渡って解説板が設けられています。苅込池の伝説とか苅込池周辺のほ乳類・森林と昆虫など山を楽しむ為の自然が分かり易く書かれています。確認しながら歩くのもいいと思われます。

647.jpg

721.jpg

青空こそ現れませんでしたが、鏡のような水面に映し出される紅葉と三ノ峰を堪能できた満足の山行きでした。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FKI-徳

Author:FKI-徳
健康第一!水泳や筋トレに精を出してます。古稀を過ぎてから山登りに挑戦、里山を中心に楽しんでいます。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QR