取立山へ山の日に

取立山 1307.2m 大滝コースから周回  勝山市 8月11日(木) 晴
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
楽しみは 取立山で山の日に ドーンと広がる白山見る時
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1006取立山山頂
 山の日の8月11日どこの山に登ろうか! 初めて経験した文殊山」かブログプロフィル画像の「取立山」」か!素晴らしかった先日の白山登山が想い浮かんだ。よし、間近に白山を見ようとの思いから取立山に登ることにした。

◯ 山の日を祝う人達

 水芭蕉の季節でもなく紅葉の季節でもない。山の日とは言え真夏日が予想されるこんな日に取立山に登るのは自分ぐらいかも知れないなと思いながら東山いこいの森の奧にある駐車場に向かう。

 途中、軽トラックが私の車を追い越し止まり、私に向かって手を振る。何事かと思いきや巷の噂で聞いていた500円の取り立てだった、山の日で無料開放かと期待したが容赦なく取り立てられた。駐車料金ではなく林道通行料と領収書に印刷してあった。

 

717駐車場

 午前7時10分駐車場到着。誰もいないだろうという予想がはずれ2台の先着車両があった。軽トラの年貢取立人は、小学生2人従えた子連れ山ガールからも年貢を取り立てる。この山ガールさん「山の日だから初めての取立山に来た」という。

 大滝コースの登山者は、この3人を含め中年の夫婦、ソロの男性・私の7名+α1名以上(先着車両の人)。東山いこいの森コースから高齢者夫婦3組、赤ちゃんをおんぶし子ども2人を連れた夫婦が登られてきたのと出会う。合計19名以上の人が山の日に取立山に登っていた。

◯ 気温は17℃ あ~気持ちいい~

 登山口にある案内図をみて、大滝コースから周回することにし7:20登山開始。比較的涼しい朝でほとんど汗をかくことなく35分ほどで大滝に着いた。

滝の音が聞こえ始めると体感温度がドンドン下がってくる。腕時計の気温は17℃を示している。緑の中の綺麗な冷たさに「あ~気持ちいい~」と思わず口に出した。


755大滝

 滝を過ぎてすぐのロープのある岩場も厳しいが、涼しさは変わらない。

801岩場

 沢沿いの道を上り二つ目の渡渉カ所も過ぎてもまだ涼しい。尾根に出るまで気持のよい涼感を味わえた。この涼しさを味わえただけでも山に登った価値があるように思った。

823沢渡り

◯ 山の日の花  登山口~こつぶり山

キンミズヒキ                                 ヤマジノホトトギス
731 キンミズヒキ 733②
ヨツバヒヨドリ                                アキギリ
734 ③ 734④
クサアジサイ                                 
739⑤ 741⑥
  オクモミジハグマ                                     
742⑦ 746⑨
  オタカラコウ                                     シシウド
753⑪ 811⑫
 アキギリ                                    ソバナ
816⑬ 818 ⑭
キツリフネソウ                                       
826⑯ 826⑰
ノササゲ                                      ミズヒキ
834⑲ 743ミズヒキ
まだ赤っぽいがススキも穂を広げ秋の訪れも近いようだ
845⑳

◯ こつぶり山(1264m)

尾根に出ると日射しが厳しく暑さが加わってくる。その代わり展望が開けてくる。前方にこつぶり山、右手には勝山市内を見おろすことができる。こつぶり山山頂からもどっしりとしたパノラマの白山が見られる。

856こつぶり山
勝山市内・恐竜博物館も見える850.jpg
こつぶり山頂上から見る白山
>924こつぶり山から白山


◯ 取立平(水芭蕉群生地)

 2時間かけてたどり着いたこつぶり山、取立平はすぐ近くだ。巨大化した水芭蕉の葉っぱが目立ちその中にギボシやキビの穂が目立っていた。もう少し早ければギボシの群生が見られたかも知れない。

928水芭蕉
ギボシの実
934ギボシの実
キビ
907キビ

◯ 取立山山頂へ

 取立平のすぐ近くに避難小屋がある。避難小屋から20分ほどで取立山山頂に到着。目の前に白山の雄姿が広がる。御前峰が見える。剣が峰もご来光を見た大汝峰も見える。1週間前の感動の光景が想い出される。

1010.jpg

 雪一面の山頂しか経験の無い私。360度の展望だったのに方角によっては雑木や雑草が視界を遮っているのに戸惑いを感じた。三角点も標識のある頂上にはなく少し下ったところにあった。1028 (2)


◯ 赤とんぼ・蝶が飛び交いウグイスが鳴く

 山頂には赤とんぼが飛び交っていた。登山中、下山中ウグイスの声は聞こえるが蝉の声は聞こえない。この時期に蝉が鳴かないのはなぜだろう。不思議だ。まぁいいか!トンボもウグイスも山登りをアシストする道連れだ。

1034 トンボ

1029蝶

◯ 山頂~登山口(東山コース)の花

 この時期、取立山に咲くという「シラヒゲソウ」や「ジャコウソウ」は残念ながら見つけることができなかったが、ヤマジノホトトギスなどを見ることができた。

 ホツツジ                            ミヤマシグレ
1009.jpg 1034_2016081600095923e.jpg
ヤマジノホトトギス1119 (ヤマジノホトトギス)
 オカトラノオ?                    ミヤマアキノキリンソウ
1030オカトラノオ 1027アマアキノキリンソウ
 オクモミジハグマ?                 ミヤマアキノキリンソウ
1043.jpg 1033_201608160016305be.jpg

 山の日の取立山、気持ちの良い涼しさと雄大な白山を見ることができた。水芭蕉を見にシラヒゲソウやジャコウソウを見にまた登りたいものだ。


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FKI-徳

Author:FKI-徳
健康第一!水泳や筋トレに精を出してます。古稀を過ぎてから山登りに挑戦、里山を中心に楽しんでいます。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QR