荒島岳を目指すが・・・

楽しみは 深田久弥が踏みし道 たどりて荒島 登り行く時

1057荒島岳
  6月18日、日本百名山の作者「深田久弥」が登ったという「中出コース」で荒島岳を目指しました。

754.jpg

 午前8時、「みずごう」の駐車場に到着。トイレや水飲み場もある舗装された立派な駐車場です。乗用車4~50台は止められそうです。 石川や富山ナンバーの車を含め11台の先着車両がありました。


758ハギ

 駐車場に咲く萩の花に見送られ、林道脇に生えるワラビを見ながら暫く歩き登山道に入ります。ササユリやヨツバシオガマ・ウツギなどが顔を出します。

834ササユリ
ヨツバシオガマ?823ヨツバシガマ
ウツギ
901ウツギ

 急坂はないが20~30度ぐらいの上りが続く。気温が高いせいか汗びっしょりになりながら2時間ほど登るとブナ林になった。整然とした深緑の立木が見ていて気持ちがいい。暑さもいくぶん和らぐような気分がする。

1014ブナ林

 ブナの木陰で一休み。豆大福を食べながら飲んだ冷たい麦茶がうまいことこの上なし。上等の楽しみだ。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
   楽しみは 1本立てるブナ林 大福食べて冷茶飲む時
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
落葉樹のブナは保水力があるという。その下の地面も水分が多いように思う。その湿り気を好むのであろうかギンリョウソウが所々に見られるようになった。サワフタギやシロイトソウも姿を見せてくれた。

1030ギンリョウソウ
サワフタギ
1042サワフタギ
シロイトソウ
1040シロイトソウ

 小荒島岳に到着する。時間は11時少し前。白山や周辺の山々を見ながら考えた。悠然とそびえる荒島岳を目の前にして残念でしたが「荒島岳の頂上は断念。シャクナゲ平まで行き昼食後下山する」ことにした。夕方5時前までには帰宅という時間制限から致し方ありません。

1055_20160622125453f67.jpg
白山
1056白山

 シャクナゲ平には先客、7~8人がいたほか、昼食中にひっきりなしに勝原コース・中出コースから登山者が上がったり降りたりしています。荒島岳の頂上には大勢の人で賑わっているだろうなと思いながらのランチタイムでした。気温は25度ぐらい暑い日射しを避けて食べたオニギリや冷たいトマト・ビワはうまかった。

1114_20160622133057cf4.jpg

1136シャクナゲ平

下山途中に見つけた「キイチゴ」赤く熟した実を口に入れてみる。甘くてうまかった。ワラビも摘みながら下山。駐車場着は15時40分でした。

1519キイチゴ

1542_20160622133801c9f.jpg

 初めての中出コース、荒島岳の雄姿を眼前にしての下山はちょっぴり残念でしたが、晴天の下ゆったりと楽しく登ることができました。頂上は次なる機会に目指します。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FKI-徳

Author:FKI-徳
健康第一!水泳や筋トレに精を出してます。古稀を過ぎてから山登りに挑戦、里山を中心に楽しんでいます。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QR