越知山泰澄トレイルと泰澄祭

越知山 612.54m 木の実谷コース+大谷風穴  越前町 5月29日 晴後小雨  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    楽しみは 山頂で聞くコンサート 体も心もなごむひと時 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
越知山トレイル行程表

Aコースは行者道コース(小川コース) Bコースは木の実谷コース+大谷風穴です。Bコースに参加しました。Aコース4班、Bコース2班(各班20名) 総数120名の参加者です。


受付-開会式-記念撮影-班編制-バスで小川集落登山口へ移動

630.jpg

登山口(行者堂コース・杖立多目的集会場)から班ごとに出発~Aコースから

807.jpg

8:20 Bコースは「大谷風穴」に向かって出発。少人数なら車で行けるが多人数のため県道を歩く。15分ほど歩き慶圓寺の標識のところを左折すると更に15分ほどで史跡「大谷風穴」登山口に到着する。

836慶圓寺標識
風穴への登山口839_20160530212903a6e.jpg

 ヤブに近い道を10分ほど上ったところに「風穴」があった。風穴とは1年中9度の風が吹き出る穴だそうです。養蚕業が盛だった頃、蚕の卵を保管するのに使用したそうだ。

この冷気のあるところで卵を保管すると年に2回の繭づくりができたそうで絹産業の発展に大いに貢献したという。世界文化遺産の富岡製糸工場にも同様の施設があったとか?


温度計を見ると9度℃を示している。これは涼しい。夏の日には暑さしのぎの場所になるに違いない。ちなみに穴の周りの立ち位置では19度℃であった。

852_20160530222742f35.jpg

 ウリノキやウツギ・マタタビを見ながら風穴を跡に林道を木の実谷コース登山口へ向かう。この登山口へも車で行ける。

ウリノキ ~ 初めて見る花でアチコチで見られた
847ウリノキ
ウツギ
900ウツギ
9:18 木の実谷コース登山口 
 山頂まで徒歩3時間と書いてある・・・・そんなにかかるのかーとため息も!

918_20160530230005ed9.jpg
ひなびた標識 ~ 経験者向き・雨天注意 
            厳しいコースが待ち構えていそう!

919_201605302300060fa.jpg

9:24 かなん滝  水量が少なくほとんど見えなかった

924_201605302340346a6.jpg

9:30 お題目岩 

 昔、麓の村に嫁入りした娘、信心していたお題目を唱えることを禁じられたため病気になってしまった。親がそれを哀れんで山中の岩に「南無妙法蓮華経」の文字を彫った。娘は密かにお参りし病気も治ったという。


932.jpg

9:40 慶松堂跡  お堂のあった場所。平成16年の福井豪雨の時埋もれてしまったが、泰澄塾関係者が整備し堀起こした地蔵様を岩陰に並べられたそうである。

941 (2) 941_2016053109293630f.jpg

10:7分 4合目の標柱には、生々しい「クマの爪跡」(かじった跡かも?)がある。登山道も急登でロープが張られている。いかにもクマが出てきそうな場所である。 

         1008.jpg

1013_201605310952566ba.jpg

10:17 行者道コースに合流  雨の日は敬遠したい木の実谷コースでした。行者道コースは比較的緩やかな整備された歩きやすい登山道。

1017 (2)

10:36 独鈷水・地蔵堂

 木の実谷の分岐から緩やかな道を約20分歩くと地蔵堂がある。地蔵堂から左へ約10m下ると独鈷水(トッコスイ)に至る。泰澄大師が独鈷で岩を突いたところわきだしたという水、福井県内でもっとも冷たい霊水だという。

1036_20160531193529c41.jpg
独鈷水の謂われ ~ 大谷風穴の冷気も9度!関係あるのかな?  
1037_20160531193530e99.jpg
水量は少なかったが喉を冷たく潤してくれた。美味かった!
1042_201605311935318d7.jpg

11:40 越知神社到着

 コアジサイや天狗巣病の桜の木、時には遠くに日野山などの山々を眺めながら6合目~8合目へと登って行く。8合目は上り坂が続くが9合目は緩やかな上りとなる。行者道コース(小川コース)の終着を示す標識を過ぎるとすぐ越知神社に至る。

1138_201605312209495af.jpg
越知神社
1141_20160531221329432.jpg
標識の近くに真新しいお地蔵様が・・・・
        越知山のここを起点に六所山まで60体が「設置されるという
1140_2016053122250290c.jpg

泰澄祭

  Aコース4班は既に到着している。Bコース参加者は奥の院は昼食後としてキノコや野菜が入った「泰澄鍋」の振る舞いをいただく。ご祈祷やお祓いの神事のあと「あそうずアンサンブル」楽団による森のコンサートが始まる。

1204 神事
千の風になって、栄冠は君に輝く、花は咲く など 山で聞くと一段と素晴らしい
1225コンサート

13:15 トレイル再開  千体地蔵尊から奥の院へ

 地蔵尊は越知山に祈願し成就した人がお礼参りで名前入りで地蔵様を奉納したもの。独楽吟で有名な幕末の歌人「橘曙覧」も奉納しているらしい。 

1317 千体地蔵尊
奥の院  泰澄大師が神仏習合の祖で有り、大己貴神が祀ってある奥の院の建物にも寺の特徴が残っているという。
1330奥の院
寺院建物の特徴   丸い玉は擬宝珠(ぎぼし)で仏法の宝珠が起源とか。
1334神仏習合の証し
修行には二つある 身体の行&心の行 ~ 臥せの行者の旧跡
1330 (2)

14:00 別山神社  泰澄の弟子 神部凊定が祀られている

1359別山

14:10 展望台に到着 日野山や白山が見えるはずだがガスで展望悪し、展望台の下にはテーブルやイスがあり雨露を凌げ休憩ができる。

1409_20160601235446071.jpg
日野山ぼんやりと白山はかすかに
1410.jpg

ササユリやコアジサイ・山法師などを見ながら花立峠・雀ケ峠をまわり下山へ

ササユリ
1421_201606020952080c5.jpg
コアジサイ
1426 (2)
ヤマボウシ
1441 (2)
ナルコユリ
1455 ナルコユリ
15:00 雀ケ峠
1501_201606021010013c5.jpg
ホウノキ
1507.jpg
15:15 海坂峠からロマンの社へ
1515_20160602101003c8f.jpg

15:25 ロマンの杜到着(下山) 出発時撮影した記念写真ときびだんごを頂く

1529 (2)
名札と引換に写真を貰う  ~ 120分の1 自分はどこにいるのやら!
越知山トレイル記念写真

 下山する頃、ぽつりぽつりと雨が降り出しましたが、ほとんど晴天に恵まれ風穴や初めて登った木の実谷コース。泰澄塾塾長のガイドを聞きながら楽しく登ることができました。森のコンサートも良かったし泰澄鍋・きびだんごも美味かった。

 お世話頂いた越知山泰澄トレイル実行委員会、泰澄塾、日本山岳会福井支部そして入尾・笈松活性委員会の皆様に感謝です。





関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

FKI-徳

Author:FKI-徳
健康第一!水泳や筋トレに精を出してます。古稀を過ぎてから山登りに挑戦、里山を中心に楽しんでいます。

最新記事
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック
QRコード
QR